ピルの避妊効果と起きる出血とは

排卵時期に女性が性行為をして妊娠する確率は8~15%程度だとされており、約80%の確率で妊娠しないことになるため、女性が妊娠をするのはあまり簡単なことではないと言えるでしょう。しかし、望まない妊娠はこの低い確率をすり抜けて発生してしまうこともあるため、しっかりと防いでいく必要があります。女性が妊娠するためには、子宮内膜にある卵子と精子が出会う必要があり、卵子が受精して子宮内膜で受精卵が育っていくことになります。アフターピルには高い避妊効果があると言われており、服用することで排卵を遅らせたり、子宮内膜に受精卵が着床したりしないようにすることができます。また、着床した場合でも子宮内膜を剥がすという作用があるため、避妊効果を期待できるでしょう。アフターピルを服用すると、数日~3週間以内に出血が起きるのですが、これが避妊できたという証になります。これは無理に子宮内膜を剥がしているため、通常の生理に比べると出血の量が多めになります。3週間以内に出血が起きない場合や出血の量が異常に少ないという場合、病院で妊娠検査を受けるようにしましょう。アフターピルの服用後に出血があった場合でも、不安がある場合は一応検査を受けるのがオススメです。ちなみに、避妊効果のあるアフターピルは、一時的の体内のホルモンバランスを乱すことになるため、気分の変化などといった症状が出ることもあります。アフターピルがどのくらいの確率で妊娠を防げるかということが気になるかもしれませんが、その効果の出方は人によってさまざまなので一概には言えません。ちなみに、アフターピルは早く飲むほど避妊効果が高くなり、24時間以内に飲んだ場合はほぼ100%妊娠しないと言われています。

ページトップへ